Archive for the ‘抗議文・質問状’ Category

「森喜朗」・元総理に対し公開質問状を提出

2004-03-14

平成十五年三月十四日

公開質問状

今般、非政府組織(NGO)「グローバル・レインボーシップ」(以下、GRSとする)が、今月十三日から北朝鮮を訪問して、米など約七十トンの食糧支援計画を進めていると平成十五年三月七日付の産経新聞に掲載されていた問題に対しテGRS団体の特別会員である貴殿の所見を求めるため、左記の質問を致しますので国民の代表である国会議員及び元内閣総理大臣として恥じぬ明確な回答を御願い致します。

【質問1】

GRSの組織の目的として「人種、国境、イデオロギー、宗教を超越して、唯一ヒューマニズムに立脚した難民・飢餓救済と文化・スポーツの交流。」となっておりますが、GRSのヒューマニズムは日本人同胞の生命安全を考えず、犯罪国家の人民の救済だけを考えることに立脚することが目的であると理解していいのか。

【質問2】

GRSの活動対象国でない北朝鮮に何故、救援活動を行うのか。

【質問3】

GRSが何を超越し、何を立脚しようが一向に構わないが、日本人同胞を拉致した犯罪国家北朝鮮から拉致された日本人全員が無事に救出されていない現状で、北朝鮮の国家自体が人民の飢餓を否定していることの救済を行うといった行為は超越とか、立脚といったものではなく、GRSの売名行為のために日本人同胞の安全を脅かす国賊行為であると言わざるを得ないと思うのであるが貴殿の所見は如何に。

【質問4】

北朝鮮への食料支援といった拉致された家族の気持ち、国民の感情を踏み躙り、日本政府の方針を逸脱する行為を行おうとしているGRSの特別会員として所見を求める。

【質問5】

貴殿の政策理念に「教育の質が問われている」[立派な人間の育成こそが教育の本来の使命」社会の構成員として他人を思いやる心の豊かな人間」など、素晴らしい教育理念を持っておられますが、貴殿の議員会館事務所に質問状の申し入れのため電話を入れたところ(三月十日)、電話を応対した人物は名前を名乗ろうとはしませんでした。
こちらは名前を名乗り申し入れを行ったにも拘らず、貴殿の事務所は事務員だけしか名乗ろうとはしませんでした。
貴殿の政策理念を実行するのには、まず貴殿の事務所の事務員から礼儀作法の教育を、する事が必要ではないでしょうか。
公的機関に名前を名乗って電話を入れている国民に対して、公的機関の電話を入れている国民に対して、公的機関の電話を受ける側として名前を告げるのは社会的に一般常識として当然であると思うのですが貴殿はどの様に思われますか。

以上

皇紀二千六百六十三年   平成十五年 弥生 十四日

Copyright(c) 2013 祖國防衛隊 All Rights Reserved.