正統憲法復元改正

占領憲法破棄

日本国憲法は、占領中にGHQ(連合国最高司令官総司令部)が我国を弱体化させるために、国際法も国内法も無視して違法に押しつけた占領憲法です。

占領憲法である日本国憲法の有効性を認めることは、戦後体制を補完し、我国の独立を阻害するばかりでなく人類にとっても軍事力を背景にした外国による無法な国家改造が有効であるという悪しき先例を遺(のこ)すことになります。

したがって、現行の日本国憲法は、速やかに国会によって、無効確認の決議がなされなくてはなりません。

1. 国家を否定する憲法
本来、憲法とは、国家の体質、つまり国柄を現すものですが、日本国憲法は、普遍的価値観に染め上げられ、国家を解体する思想に覆われています。

2. 日本国憲法の三大悪
厳しい国際社会の現実を直視しなければなりません。
憲法前文に謳(うた)う公正と信義に信頼する国など、どこの世界に存在するのでしょうか。

国家を内部から崩壊に導く「平和主義」「国民主義」「基本的人権」という誤った思想を排除しなければなりません。

独立主権国家の基本権である国防軍事力を否定することは、国家の独立を 放棄するに等しいことです。

立憲国家において国内的な意味の「主権」概念は存在しません。また「国民の権利」を超越した「人権」(人間の一般の権利)も現実の世界には存在しません。

3. 明治憲法を復元せよ!
GHQ(連合国最高司令官総司令部)が我国を弱体化するために占領下に押しつた日本国憲法は、歴史や伝統が断絶させられています。

歴史を断絶した日本国憲法は速やかに破棄し、国家の正統性を継承した
「大日本帝国憲法」(明治憲法)を復元し改正すべきです。

政治結社 祖國防衛隊 香川県本部 本部長  和田 恒一

Copyright(c) 2013 祖國防衛隊 All Rights Reserved.