教育勅語

1890年(明治23年)発表された日本の教育の根幹となった勅語であり日本人としての根本論理を 諭したものである。
  原典    読み方 意味
ちんおもうに わがこうそこうそう くにをはじむること  日本は はるか遠い昔に 皇祖が 深く厚い
朕惟フニ 我カ皇祖皇宗 國ヲ肇ムルコト  徳をもって立てた国である
こうえんに とくをたつること しんこうなり
宏遠ニ 徳ヲ樹ツルコト 深厚ナリ
わがしんみん よくちゅうに よくこうに おくちょう  日本国民たるものが 忠義を重んじ 親孝行を
我カ臣民 克ク忠ニ 克ク孝ニ 億兆  忘れず 皆が心を一つにして 代々にわたっ
 てその美しさを実現してゆくことは 日本の国体
こころをいつにして よよ そのびをなせるは  の本領であり わが国の教育の根本は
心ニ一ニシテ 世世 厥ノ美ヲ濟セルハ  まさしく この点に存在している
これ わがこくたいのせいかにして
此レ 我カ國體ノ精華ニシテ
きょういくのえんげん また じつにここにそんす
教育ノ淵源 亦 實ニ此ニ存ス
なんじしんみん ふぼにこうに けいていにゆうに  日本国民たる者は 親孝行に努め 兄弟姉妹は
爾臣民 祖母ニ孝ニ 兄弟ニ友ニ  仲良くし 同朋や友人を信頼し ひとにうやうやし
 く 自分につつしみぶかく 博愛の精神をまわり
ふうふあいわし ほうゆうあいしんじ  に発揮し 学業を習い それを教養となし 明晰
夫婦相和シ 朋友相信シ  な頭脳と 高い道徳をもち 自主的に ひとびと
 の役に立とうとし 社会の中での務めを見出し
きょうけんおのれをじし はくあいしゅうにおよぼし  つねに憲法を重んじ法律を尊守し ひとたび
恭儉己レヲ持シ 博愛衆ニ及ホシ  国難があれば 義勇の精神を持って 公のため
 に自らを投げ出し そうしてわが国運が永遠なる
がくをおさめ ぎょうをならい もってちのうをけいはつし  ことを 助けなければならない
學ヲ修め 業ヲ習イ 以テ知能ヲ啓發シ
とっきをじょうじゅし すすんでこうえきをひろめ
徳器ヲ成就シ 進テ公益ヲ廣メ
せいむをひらき つねにこっけんをおもんじ こくほうにしたがい
世務ヲ開キ 常ニ國憲ヲ重シ 國法ニ尊ヒ
いったんかんきゅうあれば ぎゆうこうにほうじ
一旦緩急アレハ 義勇公ニ奉シ
もって てんじょうむきゅうのこううんを ふよくすべし
以テ 天壌無窮ノ皇運ヲ 扶翼スベシ
かくのごときは ひとり  このような事が達成できれば それはりっぱな
是ノ如キハ 獨リ  日本国民である ということだけでなく
 同時にそれぞれの祖先の 遺したりっぱな
ちんが ちゅうりょうのしんみんたるのみならず  気風を ほめたたえ それぞれが その気風を
朕カ 忠良ノ臣民タルノミナラス  現在未来に はっきりと受け継いでゆくことに
 もなる
また もって なんじそせんのいふうを けんしょうするにたらん
又 以テ 爾祖先ノ遺風ヲ 顕彰スルニ足ラン
このみちは じつに わがこうそこうそうのいくんにし  この道は 皇祖が そのときどきの天皇へと
斯ノ道ハ 實ニ 我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ  遺し 伝えてきた教えであるが 日本国民
 ならびに その子孫もまた一緒になって守る
しそん しんみんの ともにじゅんすべきところ  べき道である
子孫 臣民ノ 倶ニ 尊守スヘキ所
これを ここんにつうじて あやまらず  これを歴史のなかに誤りなく達成し これを
之ヲ 古今ニ通シテ 謬ラス  国内外に正しく実現する
これを ちゅうがいにほどこして もとらず
之ヲ 中外ニ施シテ 悖ラス
ちん なんじしんみんとともに けんけんふくようして  天皇もまた 日本国民とともに それを深く胸に
朕 爾臣民ト倶ニ 拳々服膺シテ  きざみ きびしく守ってゆく決意であるから
 日本国民 皆が その徳を一にするよう 願う
みなそのとくを いつにせんことを こいねごう
咸其徳ヲ 一二センコトヲ 庶幾フ
        明治二十三年十月三十日
                  御名御璽
教育勅語12の教え(道徳)
 1、(孝行)     親の孝行につくしましょう
 2、(友愛)     兄弟・姉妹は仲良くしましょう
 3、(夫婦の和)  夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
 4、(朋友の信)  友達はお互い信じあって付き合いましょう
 5、(謙遜)     自分の言動をつつしみましょう
 6、(博愛)     広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
 7、(修学習学)  勉学に励み職業を身につけましょう
 8、(知能啓発)  知識を養い才能を伸ばしましょう
 9、(徳器成就)  人品の向上につとめましょう
10、(公益世務)  広くひ世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
11、(尊法)     法律や規則を守り社会の秩序にしたがいましょう
12、(義勇)     正しい勇気をもって国の為真心をつくしましょう
Copyright(c) 2013 祖國防衛隊 All Rights Reserved.